金融業者が無利息キャッシングを展開する理由

お金がないときに頼るものというか何でしょうか。親でもないし、友人でもありませんよね。困ったときに頼りになるのは消費者金融のキャッシングです。申し込んで、審査に通りさえすれば、どんな理由でお金を使うにしても、関係なくお金を借りることができます。大手の消費者金融ならば、申し込み約30分で、審査が終了してしまうくらいの速さです。その有名な消費者金融の中で、新たなるサービスが出現してきました。それが無利息キャッシングです。この無利息キャッシングは、金融業者にとって儲けがないように見えますが、どうしてこのようなサービスをするのでしょうか。

とてつもなく便利な無利息キャッシング

一般的にお金を貸すということは、借りた顧客は、利子を加えて元本返済するというのが当然です。元本だけ返済しても、貸金業者に何のメリットもありません。5万円貸して、5万円を取り戻しても何の儲けにもなりません。儲けになるのは金利の部分です。それにもかかわらず、大手の貸金業者が、最近ことって無利息キャッシングをはじめている。これには大きな訳があるのです。

うまい話には制限付き

無利息キャッシングは、お金を借りると顧客にとっては何のデメリットもないように見えます。しかしよく注意書きを読んでみると、期間制限がついています。30日以内に返済するとか、長い場合でも180日という場合もあります。この期間を過ぎてしまったら、利息が発生して普通のキャッシングと変わらなくなってしまいます。つまり、お金を借りてから30日以内の短期間で、お金を返さなければ利子が取られてしまうのです。無利息キャッシングを利用しようと思ったら、借りてすぐにお金を返すくらいの意気込みで借りなければ、金利を取られてしまって損をしてしまいます。うまい話があるといっても制限付きということは忘れないでください。

顧客がほしい

このようにして一定の制限をつけながら無利息キャッシングを、大手の貸金業者が展開する理由としては、顧客の獲得にあります。一度でもいいから、キャッシングの便利さを味わってもらえれば、お金を借りるという心理的なハードルが低くなって、軽い気持ちでお金を借りてもらう、というお試しの効果があるのです。無利息キャッシングだからといって喜んでばかりはいられません。利用する場合には、お金を借りてすぐ返す。計画的にお金を借りて、使いすぎないようにするという注意が必要になってきます。無利息キャッシングはあくまでも、消費者金融側の顧客獲得の方法だということ忘れないでください。

まとめ

無利息キャッシングは、顧客にとって、何のデメリットもないというわけではありません。一定の制限がついています。お金を借りる際には、無利息キャッシングの期間や、本当に無利息期間内にお金を返せるかどうか確認してから、計画的にお金を借りることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP