総量規制対象外のキャッシングについて

総量規制という年収の3分の一までしかお金を貸してはいけないという制限によって、多くの方が借金地獄に陥らないようになりました。しかし、その総量規制の影響により、専業主婦などお金を借りられない人が出てきているのも事実です。闇金融などに手を染めないか?といったような話もされることもあります。

ですが、そういった方でもお金を借りられるのが総量規制対処外の会社であります。では、どんなところがキャッシングでお金を借りることが出来るのでしょうか?今回はその点について紹介します。

1 銀行系のカードローンであれば、総量規制対象外でお金を借りられる

総量規制の対象外でお金を借りることが出来るのは、銀行系カードローンであります。なぜ、銀行系カードローンでは総量規制の対象外であるのかというと、貸金業法の適用について、銀行にはその適用がありませんから、総量規制の影響を受けないために専業主婦などお方でもお金を借りることが出来るようになっているのです。ですので、総量規制の影響がある人でもお金を借りることは可能なのです。

2 配偶者などに安定的な収入があればよい

ただし、いくら総量規制対象外だといっても、返済の可能性はないとお金は貸してくれないのは事実です。ですが、専業主婦などの方でも配偶者に収入がちゃんとあるようなケースでしたら、十分にお金を融資してくれる可能性はあります。借り手自身がお金がなくても、その他の人がカバーしてくれれば、こういったところではお金を貸してくれる可能性はあるので、安心して申請をしやすいかと思います。

3 総量規制対象外のところなら、低金利でお金を借りられる

また、総量規制対象外のところでは比較的お金を低金利で借りられることが大きいです。銀行系カードローンは少尉者金融などに比べると、金利が安く、金利の上限でも3~~4パーセントほど安く借りられるケースがあり、多い所では10パーセント近く金利が違うケースもあります。それくらい金利面でも有利な点は多いので、総量規制対象外のキャッシングだと、金利負担が大木のではといった心配をしなくても済むのです。

総量規制対象外のキャッシングについては

  • 消費者金融ではなく、銀行系カードローンを利用すること
  • 自身の収入が少なかったりなくっても、家族などの収入によりお金を借りられること
  • 金利面での負担は軽くて返しやすい事

といったメリットがありますので、規制の対象に含まれるところではお金を借りられない人でも安心して申し込みをしてみるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP